生きる上で必要な飲料|ウォーターサーバーは放射能から守られた水

安全性の確保


子供でも安心

ろ過することが可能

ウォーターサーバーと放射能の関係性は、放射能の影響がない安全な水を供給することができるという点にあります。
それが、放射能物質の分子のサイズと、RO水と呼ばれるウォーターサーバーに利用される精製水の製造におけるろ紙の透過することができる分子のサイズによって証明されます。
放射能物質の分子は、一般的なRO水を生成するにあたって利用されるろ紙を透過することができません。
ですから、RO水を利用しているウォーターサーバーは基本的に放射能とは全く無縁である、そう断言することができます。
日常生活で安全な水を飲みたいなら、最低限余計な不純物をろ過することができているRO水を選ぶことが良い選択であるといえます。

水源の安全性

ウォーターサーバーの中には、取水する水をそのまま提供できる、天然水を売りにしている製品もあります。
天然水における放射能の問題は、RO水と違って製品の品質が直接関わってくるだけに、消費者にとって心配なことであることは間違いありません。
ですが、その問題は気にする必要はありません。
地中の水脈は地下深くに存在していて、ウォーターサーバーで利用される天然水はその水源からボトリングされます。
この時、ボトリングされる水源に放射能が到達するまでには、何十年から何百年とかかると試算されています。
人間が思っている以上に長い期間をかけて貯蔵されているのが地下水脈の天然水です。
結果、ウォーターサーバーで供給される水は放射能と無縁で安全な水源から取水されたものが利用されるようになっています。