生きる上で必要な飲料|ウォーターサーバーは放射能から守られた水

ストックを抱える意味


ストック

大変な思いはいらない

ウォーターサーバーは放射能と無縁の水をボトリングして、自宅や事業所に送付してもらうことができるサービスとしての側面を持っています。
サーバーそのものの利便性も高いですが、ボトルドウォーターの通販として考えても非常に有用です。
たとえば、一般の小売店で2リットルのペットボトルに入った水をワンケース購入したとします。
そうすると、ボトルは6本。つまり、強制的に12キログラムの買物をすることが求められます。
ダンボールのケースで持って帰ることはできなくもありませんが、それを自分で持って帰るのは大変です。
それに対して、ウォーターサーバーに利用されるボトルは一本12リットルが標準の内容量で、しかも業者が自宅に送付してくれます。
つまり、購入するためにレジに商品を持っていく必要もなければ、重たい荷物として持ち運ぶ必要もありません。
注文をするだけで、放射能から守られた信頼できる水をボトリングして送付してもらうことができます。
高齢者世帯から一人暮らし世帯まで、放射能と無縁の水を送ってもらえることの利便性は非常に高いです。

災害時に困らない

ウォーターサーバーに利用されるボトルドウォーターの容量は、メーカーによっても差がありますが、多くは12リットルのガロンボトルを採用しています。
この内容量は、人間が一日に必要とする水の量である3リットルを4回分、すなわち4人家族が1日過ごすことができるだけの量の水が貯蔵できる量です。
放射能と一切無縁で安全な水を購入することができる上に、ペットボトルを保管するのと違ってコンパクトで保管しておきたいスペースに格納することができます。
ウォーターサーバーを利用する中で、自然と備蓄された水も消費されて、ストックされたボトルも循環します。
結果として、ウォーターサーバーで放射能の心配がない水を購入することは、災害時に困らない鮮度の高い水を備蓄することにつながります。